Img_949e2e4b1aaa5c197ae743ba034190a2
大正から昭和初期にかけて、庶民のおしゃれ着だった絹織物「銘仙」。
今では織られることのない、独特の文様や色彩に魅せられて、
少しずつ集めた、きもの、はぎれ…

織った人、縫った人、袖を通した人たちの想いと時間を感じながら、
はさみを入れさせていただき、新しい形へとリメイクしています。

銘仙の美しさだけでなく、きもののエッセンスや和の心を
それとなく感じさせる服作りができたら…幸せです。



◆ Instagram  (Click!) 

◆ iichi 八月のうさぎ  (Click!)